北斎通りまちづくりの会 公式サイト/「東京都 地域の底力再生事業助成」対象事業
当ホームページは国土交通省の住まい・まちづくり担い手支援事業の補助を受けて作成したものです。
由来 
名前の由来
北斎通りは、以前「南割下水通り」*と呼ばれていました。その名の由来は江戸時代、通りの中央に掘割が設けられていたことからと言われています。

さて、この江戸本所割下水にあたる場所で、日本を代表する画家・葛飾北斎が生まれています。このことにちなんで、今の「北斎通り」の名があるのです。
北斎の他にもこの亀沢の地に縁の深い人物として、柳亭種彦、河竹黙阿弥、三遊亭円朝なども知られています。

*北割下水は現在の春日通り

関東大震災以前の本所南割下水
関東大震災以前の本所南割下水

葛飾北斎記念碑(北斎通り 亀沢1丁目付近)
葛飾北斎記念碑(北斎通り 亀沢1丁目付近)